鉄道模型通販専門店エキサイトモデル

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら


アキュレール(Accurail)
A.C.M.E

アーノルド(Arnold)

アサーン(Athearn)

アトラス(Atlas)

アオハーゲン(Auhagen)

バックマン(Bachmann)

バックマン ブランチライン

Bemo

Blair Line

BLMA

BLUFORD SHOPS

バウザー(Bowser)

ブラバ(Brawa)

ブロードウェイリミテッド

ブッシュ(Busch)
カブースインダストリー
Cal-Scale

Con-Cor

ダポール(Dapol)

DETAILS WEST

E F E

ESU

ファーラー(FALLER)

フライシュマン

Fox Valley Models

Graham Farish
Harburn Hamlet
Hattons

ヘルヤン(HELJAN)

herpa

ホビートレイン(Hobbytrain)

ホーンビー(HORNBY)

インターマウンテン

J-Collection
JIT Scenery Products

ジョエフ(Jouef)
JT's Mega Steam

ケーディー(Kadee)

キブリ(kibri)

KATO

レンツ(Lenz)

LGB

リリプット(Liliput)

L.S.Models

メルクリン(Maerklin)
MANTUA

メハノ(MEHANO)
マイクロエンジニアリング

MRC

Metcalfe

マイクロトレインズ

モデルパワー

MTH

NCE

ノッホ(NOCH)

Oxford Diecast

Oxford Rail

ピコ(PIKO)

Peco

プライザー(Preiser)

RailAd
Rapido
Reboxx

REE MODELS

リバロッシ(Rivarossi)

ロッキーレール

ロコ(Roco)

スケールトレインズ(ScaleTrains)

SEUTHE

サウンドトラックス

Sudexpress

ティリッヒ(TILLIG)

Train Tech
Tangent Scale
Trainworx

トリックス(TRIX)

フィースマン(Viessmann)

フォルマー(Vollmer)

ウォルサーズ(Walthers)
ジーモ(Zimo)
4Ground
書籍、カタログ、DVD
中古商品
その他
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

名前

上野 達司

メモ

主にHO,Nゲージ外国型鉄道模型の販売店です。(勿論 新品、動作チェック済です)手軽にサウンド機能を楽しめる蒸気機関車等外国型鉄道模型を始めてみませんか? 欧米では標準電源となりつつあるDCCは、日本ではまだ、普及途上です。DCC等のご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

SEO関連その他営業、勧誘の電話は一切お断りいたします。


店長日記はこちら

よくある質問はこちらをクリック!
DCCについて
◎重要! 商品代金引換ご利用時の注意事項
サイトマップ
◎重要! ご登録メールアドレス及びメールの送受信について
◎重要! クリックポスト、レターパックライトご利用時の注意事項
メルマガ登録・解除はこちら
ディーゼル機関車  EMD SD9 SP #5347 Bloody Nose Scheme パラゴン3サウンド
型番 br4936
販売価格

45,500円(税込)

購入数


            
お取り寄せ商品になります。
ご注文をいただいてから商品のチェック、発送まで3週間程度かかります。
都合によりお取り寄せが不可能な場合もありますのでご了承ください。


メーカ:ブロードウェイリミテッド
スケール:HO 1/87
電源:DC/DCC
サウンド:搭載

Introduced in February 1952 and produced through November 1953, the SD7 was the 1500HP six axle big brother to the GP7. Riding on six axles, three-motor trucks, they were designed to offer more starting tractive effort in road service than the GP7. EMDs introduction of an A1A freight locomotive led them to design the SD7 from the ground up. In appearance, they are very similar to the GP7 only with a longer hood. The radiators are grouped together at the end of the long hood and not separated as was seen on the GP7. The grill assembly protrudes from the side of the hood whereas with the GP7 the grills are fit flush with the hood. As built, the SD7 very closely resembles the SD9 with the visual spotting features being the boarding steps and a variation of the classification lights. The SD7 (for Special Duty) was a massive locomotive at 60 feet 8 inches from coupler to coupler and weighing 360,000 pounds. It was powered by the same reliable 1500HP 567B V-16 two-cycle diesel engine as the GP7 and F7.
With a maximum speed range between 55 and 89 miles per hour, depending on the gearing ratio selected, and a tractive force of 90,000 pounds, the SD series was here to stay. With the SD7, EMD introduced the lightweight Flexicoil truck which enabled these locomotives to be used on branchlines as well as for road service. These trucks were so smooth that the SD7 was compared to riding in a luxury car. With the advent of 1954, EMD made a conservative marketing push against the competition with the announcement of their Nine Line series. This consisted of the introduction of new locomotive model numbers, the SW9/1200, the F9A/B, the GP9, and the SD9.

FEATURES
- NEW Paragon3 Sound & Operation System FEATURING ROLLING THUNDERTM with Authentic Sounds and Prototypical Operation in both DC and DCC environments
- Factory Installed Engineer / Fireman Figures
- Locomotive Composition: ABS Body with Die Cast Chassis
- Couplers: (2) Operating Kadee or Compatible
- Compatible Tracks: Code 70, 83, 100 Rail
- Minimum Operating Radius: 18 in or greater

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する