鉄道模型通販専門店エキサイトモデル

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら


アキュレール(Accurail)
A.C.M.E

アーノルド(Arnold)
Artitec

アサーン(Athearn)

アトラス(Atlas)

アオハーゲン(Auhagen)

バックマン(Bachmann)

バックマン ブランチライン

Blair Line

BLMA

バウザー(Bowser)

ブラバ(Brawa)

ブロードウェイリミテッド

ブッシュ(Busch)
カブースインダストリー
Cal-Scale

Con-Cor

ダポール(Dapol)

DETAILS WEST

ESU

ファーラー(FALLER)

フライシュマン

Fox Valley Models

Graham Farish
Harburn Hamlet
Hattons

ヘルヤン(HELJAN)

ホビートレイン(Hobbytrain)

ホーンビー(HORNBY)

インターマウンテン

J-Collection
JIT Scenery Products

ジョエフ(Jouef)
JT's Mega Steam

ケーディー(Kadee)

キブリ(kibri)

KATO

レンツ(Lenz)

LGB

リリプット(Liliput)

L.S.Models

メルクリン(Maerklin)
MANTUA

メハノ(MEHANO)

MRC

Metcalfe

MTH

NCE

ノッホ(NOCH)

Oxford Diecast

ピコ(PIKO)

Peco

プライザー(Preiser)

RailAd
レッドカブース(Redcaboose)
Reboxx

リバロッシ(Rivarossi)

ロッキーレール

ロコ(Roco)

スケールトレインズ(ScaleTrains)

サウンドトラックス
Tangent Scale

ティリッヒ(TILLIG)

Train Tech

トリックス(TRIX)

フィースマン(Viessmann)

フォルマー(Vollmer)

ウォルサーズ(Walthers)
ジーモ(Zimo)
4Ground
書籍、カタログ、DVD
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

名前

上野 達司

メモ

主にHO,Nゲージ外国型鉄道模型の販売店です。(勿論 新品、動作チェック済です)手軽にサウンド機能を楽しめる蒸気機関車等外国型鉄道模型を始めてみませんか? 欧米では標準電源となりつつあるDCCは、日本ではまだ、普及途上です。DCC等のご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

SEO関連その他営業、勧誘の電話は一切お断りいたします。


店長日記はこちら

よくある質問はこちらをクリック!
DCCについて
◎重要! 商品代金引換ご利用時の注意事項
サイトマップ
◎重要! ご登録メールアドレスについて
◎重要! ネコポスご利用時の注意事項
メルマガ登録・解除はこちら
検索結果
検索条件 [カテゴリー]:指定なし  [検索文字]:指定なし
ヒット件数:16266
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
第二次世界大戦期に、イギリスのウエストランド社が開発した航空機である。“Lysander”とは古代ギリシアのペロポネソス戦争の英雄でスパルタの将である「リュサンドロス」の英語表記/読みである。
第二次世界大戦初期に活躍したアメリカ陸軍の単発単座レシプロ戦闘機。同国の航空機メーカーであるベル・エアクラフト社によって開発された。
アメリカのチャンス・ヴォートが開発し、第二次世界大戦と朝鮮戦争でアメリカ海軍と海兵隊が使用したレシプロ単発単座戦闘機である。Corsair(コルセア)とは海賊の意である。
イギリスのホーカー・エアクラフト社によって1930年代に設計されたレシプロ単発・単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用され、バトル・オブ・ブリテンなどで広く活躍した。
イギリスの航空機メーカー、グロスター・エアクラフト社が開発した連合国軍側初の実用ジェット戦闘機。ドイツ空軍の世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262 に遅れること数週間で実戦配備された。
第二次世界大戦中、主にイギリス空軍で使用された爆撃機で、戦闘機としても申し分ないほどの高性能を示し、機体が木製であったため、「The Wooden Wonder(木造機の奇跡)」と呼ばれた。爆撃機型・戦闘機型以外に、夜間戦闘機型や偵察機型なども作られた。
イギリスのスーパーマリン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。
イギリスの航空機メーカーであるフェアリー社が開発し、イギリス海軍航空隊によって使用された三座複葉の雷撃機である。基本性能こそ低かったものの、信頼性・操縦性・汎用性に優れ、複葉機時代の最後を飾った非全金属製軍用機の傑作。ソードフィッシュの意味は、魚類のメカジキから。
アメリカのリパブリックにより製造されたレシプロ単発戦闘機である。愛称はサンダーボルト (Thunderbolt) 。第二次世界大戦後期に、ノースアメリカンP-51と並んでアメリカ陸軍航空軍 (USAAF)およびその後身のアメリカ空軍 (USAF) の主力戦闘機として活躍した。Jug(ジャグ)の愛称でも知られる。戦闘機としての空戦能力も秀れていたが、その圧倒的な馬力と兵装搭載量によって特に戦闘爆撃機として大いに活躍し、アメリカ以外の連合国の空軍でも使用された。
イギリス空軍 (RAF) の戦闘機である。タイフーン戦闘機の発展型として、1943年からホーカー・アビエーション社で量産開始された。第二次世界大戦中のイギリス空軍における最高速機のひとつであり、中低高度においては全連合軍中で最も高速であった。それまでのイギリス空軍機と比べ戦闘行動半径は大幅に増加しており、ドイツ奥地へ侵攻してドイツ空軍機との戦闘や地上攻撃に活躍、またイギリス本土の防空にも参加し、高速を生かしてV1飛行爆弾の迎撃に活躍した。
第二次世界大戦末期にドイツ空軍が使用したジェット戦闘機、爆撃機である。愛称は「シュヴァルベ(Schwalbe、ドイツ語でツバメの意)」。世界初の実戦配備および実戦を行ったジェット機である。
アメリカのノースアメリカンにより製造されたレシプロ単発単座戦闘機である。第二次世界大戦の半ばにイギリスのロールス・ロイス マーリンエンジンを搭載した後は、十分な航続力、高高度性能、高い運動性と空中格闘能力により、爆撃機の護衛や対地攻撃で活躍し、第二次大戦中の傑作機だけでなく史上最高のレシプロ戦闘機とも評される。
イギリスのホーカー・エアクラフト社によって1930年代に設計されたレシプロ単発・単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用され、バトル・オブ・ブリテンなどで広く活躍した。
第二次世界大戦前にイギリスで開発された、ボールトンポール社製の単発レシプロ複座戦闘機である。 前方固定機銃を一切持たず、武装は機体上部の多連装旋回銃塔のみという異色の戦闘機として知られる。 デファイアントとは「挑戦的な」などの意味。初飛行は1937年8月。総生産数は1065機。
第二次世界大戦時のドイツ空軍の戦闘機である。この機体はメッサーシュミットBf 109とともにドイツ航空戦力の主力を担った。愛称は「ヴュルガー」(百舌(鳥))。設計はクルト・タンクによる。
イギリスのグロスターが製作した複葉戦闘機である。第二次世界大戦の初期にも戦闘に使われた。艦上機への改造もなされ、そちらはシーグラディエーターと呼ばれた。
第二次世界大戦初期に活躍したアメリカ陸軍の単発単座レシプロ戦闘機。同国の航空機メーカーであるベル・エアクラフト社によって開発された。
Yak-1の主翼を小型化し、空力的洗練や軽量化を行ったソ連の低高度用戦闘機。A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局で開発された。
第二次世界大戦期における日本海軍の主力艦上戦闘機。零戦(ぜろせん、れいせん)の略称で知られている。試作名称は十二試艦上戦闘機。連合軍側のコードネームは『ZEKE(ジーク)』。 支那事変(太平洋戦争勃発前の日中戦争)から太平洋戦争初期にかけて、2,200 kmに達する長大な航続距離・20mm機関砲2門の重武装・優れた格闘性能を生かし、米英の戦闘機に対し優勢に戦ったことから敵パイロットからも「ゼロファイター(Zero Fighter)」と呼ばれた。
イギリスのスーパーマリン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。
第二次世界大戦前にドイツで開発され、大戦で活躍した双発レシプロ重戦闘機または多用途機。ドイツ空軍では当初「駆逐機」(Zerstörer)と称されており、「駆逐航空隊」に配備されていた。
第二次世界大戦期に、イギリスのウエストランド社が開発した航空機である。“Lysander”とは古代ギリシアのペロポネソス戦争の英雄でスパルタの将である「リュサンドロス」の英語表記/読みである。
ソビエト連邦のポリカルポフ設計局の開発した単葉戦闘機である。戦間期から第二次世界大戦の初期にかけて労農赤軍の主力戦闘機を務めた、世界最初の実用的な引き込み脚を持った戦闘機である。
第二次世界大戦中、ドイツのドルニエ社により製造された戦闘爆撃機である。2基のエンジンをコクピットを挟んで前後に配置する、双発串型という特殊なエンジンレイアウトを採用している。垂直尾翼は上下に1枚ずつあって、下の物にはダンパー付きのスキッドが装着され接地対策がされていた。その特殊なレイアウトゆえに「プファイル」(Pfeil=矢)の愛称を与えられ、また一部では「アマイゼンベア」(Ameisenbär=オオアリクイ)とも呼ばれた。
ドイツの航空機メーカー ヘンシェルが製造した複葉、固定脚の急降下爆撃機である。ドイツ空軍初の急降下爆撃機として1936年に部隊配備が開始され、1938年10月まで生産された。
第二次世界大戦期のアメリカ陸軍の戦闘機。F型以降の愛称はウォーホーク (Warhawk:アメリカで「タカ派」を指す言葉) 。アメリカ陸軍のみならず各連合軍に多数が供与され、イギリス空軍ではC型までをトマホーク (Tomahawk:インディアンの用いた斧)、D型からをキティホーク (Kittyhawk:ライト兄弟が初飛行に成功した場所)と称している。
第二次世界大戦初期のフランスの戦闘機である。1934年7月のフランス戦闘機の近代化計画で採用された。1935年8月8日に初飛行したM.S.405の改良型として、1938年に大量生産が開始された。低翼単葉・引き込み脚・密閉風防を採用しているが、胴体後部は羽布張りの構造である。第二次世界大戦開戦時に約600機が軍に引き渡されており、P-36 ホークとともにドイツ空軍機と戦った。
アメリカ海軍の艦上戦闘機。開発はブルースター・エアロノーティカル社が担当した。イギリス空軍での愛称はバッファロー(Buffalo)
第二次世界大戦時のソ連の戦闘機で、最も優秀とされるもののひとつ。La-5FNの改良型として、ラヴォーチキン設計局が開発した。1944年初飛行。朝鮮戦争にも使われた。
第二次世界大戦初期に活躍したアメリカ陸軍の単発単座レシプロ戦闘機。同国の航空機メーカーであるベル・エアクラフト社によって開発された。
アメリカのリパブリックにより製造されたレシプロ単発戦闘機である。愛称はサンダーボルト (Thunderbolt) 。第二次世界大戦後期に、ノースアメリカンP-51と並んでアメリカ陸軍航空軍 (USAAF)およびその後身のアメリカ空軍 (USAF) の主力戦闘機として活躍した。Jug(ジャグ)の愛称でも知られる。戦闘機としての空戦能力も秀れていたが、その圧倒的な馬力と兵装搭載量によって特に戦闘爆撃機として大いに活躍し、アメリカ以外の連合国の空軍でも使用された。
イギリスのスーパーマリン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。
第二次世界大戦末期にドイツの航空機メーカー フォッケウルフによって製造されたクルト・タンク設計による高高度戦闘機。空冷エンジンを搭載しメッサーシュミット Bf109と並んで主力戦闘機として活躍した フォッケウルフ Fw190に液冷エンジンを搭載し高々度性能を改善させたFw190D-9をさらに発展させた、より本格的な高々度戦闘機であり、「究極のレシプロ戦闘機」と紹介されることもある
第二次世界大戦末期にドイツの航空機メーカー フォッケウルフによって製造されたクルト・タンク設計による高高度戦闘機。空冷エンジンを搭載しメッサーシュミット Bf109と並んで主力戦闘機として活躍した フォッケウルフ Fw190に液冷エンジンを搭載し高々度性能を改善させたFw190D-9をさらに発展させた、より本格的な高々度戦闘機であり、「究極のレシプロ戦闘機」と紹介されることもある
第二次世界大戦期のアメリカ陸軍の戦闘機。F型以降の愛称はウォーホーク (Warhawk:アメリカで「タカ派」を指す言葉) 。アメリカ陸軍のみならず各連合軍に多数が供与され、イギリス空軍ではC型までをトマホーク (Tomahawk:インディアンの用いた斧)、D型からをキティホーク (Kittyhawk:ライト兄弟が初飛行に成功した場所)と称している。
イギリスのグロスターが製作した複葉戦闘機である。第二次世界大戦の初期にも戦闘に使われた。艦上機への改造もなされ、そちらはシーグラディエーターと呼ばれた。
イギリスのスーパーマリン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。
イギリス空軍 (RAF) の戦闘機。1941年からホーカー・アビエーション社で生産された。邀撃戦闘機であったホーカー ハリケーンの代替が目的だったが、性能面に問題があった。しかし、第二次世界大戦で最も成功した戦闘爆撃機のひとつと数えられるまで発展した。
イギリス空軍 (RAF) の戦闘機である。タイフーン戦闘機の発展型として、1943年からホーカー・アビエーション社で量産開始された。第二次世界大戦中のイギリス空軍における最高速機のひとつであり、中低高度においては全連合軍中で最も高速であった。それまでのイギリス空軍機と比べ戦闘行動半径は大幅に増加しており、ドイツ奥地へ侵攻してドイツ空軍機との戦闘や地上攻撃に活躍、またイギリス本土の防空にも参加し、高速を生かしてV1飛行爆弾の迎撃に活躍した。
ドイツにおいて第二次世界大戦中に使用された急降下爆撃機である。愛称の「シュトゥーカ」(Stuka)とは、急降下爆撃機を意味する「sturzkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルクツォイク)の略で、本機が急降下爆撃機の代表として扱われたため、この名が用いられるようになった。日本語では「スツーカ」「ストゥーカ(ステューカ)」とも表記されている。
第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。本機の生産数は30000機を超え、歴史上もっとも生産された戦闘機であると同時にエーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンといったエースパイロットを輩出させた。
第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。本機の生産数は30000機を超え、歴史上もっとも生産された戦闘機であると同時にエーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンといったエースパイロットを輩出させた。
イギリスのスーパーマリン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。
イギリスのデ・ハビランド社製の練習機。愛称のタイガー・モスとはヒトリガの意である。
ギヤボックスや可動部等広範囲に使用できます。
お求めやすい価格で提供します。現在取り寄せ中! 在庫少!!  (Boxcar Red, CN Website Noodle Logo)
お求めやすい価格で提供します。現在取り寄せ中! 在庫少!!
50フィートオープンホッパー貨車です。好きな物を入れて運んでください。(Boxcar Red, UP Shield)
50フィートオープンホッパー貨車です。好きな物を入れて運んでください。(Boxcar Red, UP Shield)
50フィートオープンホッパー貨車です。好きな物を入れて運んでください。
前のページ | 次のページ